日本人工芝計画

CLOSE

人工芝の施工にジョイントテープは必要?貼り方や使うメリットを解説

 

「人工芝を施工する際に、ジョイントテープって本当に必要なの?」

 

このような疑問をお持ちではありませんか?

 

結論から言うと、人工芝をきれいに仕上げるためにジョイントテープは必要不可欠なものです。

 

本記事では、このジョイントテープの必要性と貼るメリットを詳しく解説していきます。

 

実際に人工芝に貼る方法も説明していますので、DIYで施工する際の参考にしてみてください。

 

なお、ジョイント部分の処理は、人工芝の仕上がりや耐久性を良くするための大切なポイントです。

 

ご自身で施工することに不安を感じる方は、お気軽に人工芝専門業者の弊社にご相談ください。下記のリンクから、お問い合わせいただけます。

あなたのお庭も人工芝へ!

「プロに施工を任せたい」場合はこちら

人工芝の施工にジョイントテープは必要?

 

ジョイントテープは、人工芝同士を結合する際に使うテープです。正しく使うことで継ぎ目が目立たなくなり、雑草が生えてくることを防ぐ効果があります。

 

反対に言うと、ジョイントテープを使用しないと人工芝の間にわずかな隙間ができて、そこから雑草が生えてきてしまう可能性があります。

 

このため、人工芝を設置する際には、必ずジョイントテープで接着するようにしてください

 

なお、ジョイントテープを購入する際は、剥がれにくいように接着力が強いものを選ぶことがポイントです。

 

弊社で扱っている強力なジョイントテープは下記リンクからご購入いただけますので、興味のある方はぜひご覧ください。

 

 

 

ジョイントテープの貼り方

※動画で見たい方はこちら

 

ここでは、DIYでよく使われる片面のジョイントテープを貼る手順をご案内します。

  1. 人工芝を仮置きする
  2. ジョイント部分を一度開く
  3. 人工芝の裏面にテープを貼り付ける
  4. 開いた人工芝を閉じる
  5. 上から押さえてしっかり接着させる
  6. 継ぎ目を指で擦って馴染ませる
  7. U字釘を打って剥がれないように補強する

上記の流れで人工芝をジョイントすれば、継ぎ目をきれいに仕上げることができます。

 

なお、継ぎ目をきれいにするためのコツとしては、ジョイントテープを使う他にも以下のようなものがあります。

  • 人工芝の耳を切っているか確認する
  • 芝の毛の量が多い人工芝を使う
  • U字釘を打って人工芝を固定する
  • 下地の表面をまっすぐに整え、圧力をかけ固める
  • 水はけの良い下地材を散布する
  • 人工芝の仮敷きをしっかりおこなう
  • 芝目の向きを揃える

詳しくは以下の記事で解説しているので、併せてご覧ください。

 

人工芝の継ぎ目を隠す方法8選!対策から応急処置、原因まで完全まとめ

 

 

人工芝の施工にジョイントテープを使う3つのメリット

 

人工芝の施工の際にジョイントテープを使うメリットは、次の3つです。

  1. 継ぎ目がきれいに仕上がる
  2. 継ぎ目がめくれにくくなる
  3. 雑草が生えることを防ぐ

それぞれの詳細を見ていきましょう。

 

 

メリット1. 継ぎ目がきれいに仕上がる

 

ジョイントテープを使うメリットの1つ目として、継ぎ目がきれいに仕上がることが挙げられます。

 

人工芝の継ぎ目を固定する資材としては「U字釘」もありますが、これだけだと継ぎ目に隙間ができやすいです。

 

施工後に隙間ができているとジョイント部分が目立って景観が悪くなってしまうため、ジョイントテープを使って継ぎ目をぴったりと接着するようにしてください。

 

 

メリット2. 継ぎ目がめくれにくくなる

 

メリットの2つ目は、人工芝の継ぎ目がめくれにくくなることです。

 

U字釘だけで固定をしてしまうと、何かの拍子に釘が浮いて人工芝がずれたりめくれたりすることがあります。

 

めくれたところに足を引っかけてしまうと、転んでケガをしてしまうこともあるため大変危険です。

 

継ぎ目をめくれにくくするためにも、ジョイントテープで貼り付けた上で、さらにU字釘を使って固定することをおすすめします。

 

 

メリット3. 雑草が生えることを防ぐ

 

ジョイントテープには、雑草が生えてくるのを防止する効果もあります。

 

人工芝のメリットとして、よく「雑草が生えない」ことが挙げられますが、そのためには芝同士が隙間なくジョイントされていなければなりません。

 

もしも継ぎ目に隙間があると、そこから日光が入り込んで、地面から雑草が生えてきてしまう場合があります。

 

このため、人工芝の継ぎ目は必ずジョイントテープで接着し、隙間が開かないようにしてください。

 

なお、人工芝の雑草対策については以下の記事でさらに詳しく紹介しているので、興味のある方はご覧ください。

 

人工芝の雑草対策4選!生える原因~防草シートの敷き方まで総まとめ!

 

 

ジョイントテープは両面と片面どちらを使う?

 

出典:Amazon

 

ジョイントテープには、両面タイプ片面タイプの2種類があります。

 

この2つは施工方法が異なり、それぞれ以下のように使用します。

 

 

使用方法

両面タイプ

防草シートや床に一度テープを貼って、紙を剥がしてからその上に人工芝を乗せて固定する

片面タイプ

人工芝の裏面に直接テープを貼り付けていく

 

 

どちらを使うのかは、ご自身が施工しやすいほうを選んでいただければ結構です

 

なお、ベランダなどの屋外でコンクリートに人工芝を固定する際には、両面タイプのジョイントテープだけでは接着力が弱くて危険です。

 

以下の記事を参考にして、ボンドを使って接着するようにしてください。

 

人工芝をコンクリートに施工する方法!安全に敷く注意点&施工事例も紹介

 

また、屋内で両面タイプを使う際には、床に接着成分が残らないか事前に確認しておくと良いです。

 

 

ジョイントテープは他のもので代用できる?

 

人工芝の施工には、もちろん専用のジョイントテープを使うことが好ましいですが、市販の養生テープでも代用ができます

 

使い方としては、ジョイントテープと同じように施工していただければ問題ありません。

 

テープを選ぶ際のポイントは、粘着力の強いものを選ぶことです。

 

「ジョイントテープ」と銘打って市販されていても、粘着力が弱くて人工芝の裏面にほとんどくっつかない商品もありますので、ご注意ください。

 

目安としては、ゴキブリホイホイ以上の粘着力があるものを選ぶと良いです。

 

 

ジョイントテープを使って人工芝をきれいに仕上げよう!

 

この記事では、ジョイントテープの必要性や使うメリット、貼る方法などを解説しました。

 

ジョイントテープを効果的に使うことで、継ぎ目が目立たない美しい仕上がりになり、雑草が生えてくることも防げます

 

DIYでも手順や貼り方に注意すればうまくできますので、ぜひ本記事を参考に施工してみてください。

 

なお、DIYでの施工に自信のない方は、気軽に人工芝専門業者である弊社にご相談ください。まずは下記のリンクから無料でお見積りをいただけます。

あなたのお庭も人工芝へ!