日本人工芝計画

CLOSE

サービス紹介

step1

お問い合わせ・
お見積もり依頼

お電話もしくはメールフォームよりお問い合わせやお見積もりをご依頼ください。

お問い合わせ・お見積もり依頼

step2

お見積り

敷地面積や施工場所についてお伺いし、お見積りをご提示します。現地へ出向いてお見積させていただくことも可能です。

お見積り

step3

ご契約

施工内容とお見積りをご確認いただき、ご契約となります。

ご契約

step4

雑草処理

雑草処理お庭が土の場合は、雑草の処理、木の伐採などを行っていき、平坦な地面を作っていきます。

step5

更地に

更地に更地にした上で細かい砂利なども撤去します。天然芝があった場合には除去していきます。

step6

コンクリート質砂を追加

コンクリート質砂を追加人工芝の下地として専用砂を納入します。
雑草などが生えにくい砂となっています。

step7

転圧

転圧整地作業を行った上で、下地の転圧をします。

step8

防草シート

防草シート人工芝用の除草シートを設置します。高速道路などにも使用されている防草ソートで、品質にこだわったシートを使用しています。

step9

ボンド・釘打ち

ボンド・釘打ち一番のプロの腕の見せ所です。人工芝をお庭に合わせてカットしてボンドでジョイント接着します。

step10

施工完了

施工完了継ぎ目の処理などをしっかり行い施工完了となります。品質保証期間2カ月がついて安心です。

step11

品質保証の
アフターサービス

品質保証の アフターサービス安心のアフターサービスもございますので、気になる方はお気軽にご相談ください
クレジットでの支払いは出来ますか?
はい、可能です。分割払いも可能となっておりますのでお気軽にご相談ください。
雑草が生えてきたりしますか?
防草シートの上に人工芝を敷くため、そのシートの下から草が生えてくることはありません。ただ、隙間や穴が開いてしまった際はその間から草が生えてくる可能性があります。
他社と比較してどこが優れていますか?
ホームセンター等で安価で売っているものと比べると芝葉については倍の原料を使っておりますので、クッション性、肌触り、基布も二層で厚くなっておりますので耐久性も優れております。また、施工の際、丁寧な下地処理と継ぎ目の目立たない方法で行いますので、仕上がりも定評があります。
芝のお手入れ方法は?
細かいゴミは掃除機で吸い取れます。大きなゴミは竹ぼうき、取りにくいゴミはコロコロ等を使用していただくとキレイに保つことが出来ます。 泥汚れは水で洗い流して下さい。
虫やカビの心配は?
水はけの悪い場所ですと、虫が発生する可能性がございます。アルコール除菌剤であれば、虫の駆除のみで使用出来ますので、お使いいただくことを提案致します。カビは湿気によって発生するため、透水性が良く水はけが良いと発生しにくくなります。
子供が転んでもけがはしませんか?
天然芝そっくりの優しい感触の人工芝ですので、お子様が転んでも痛くない仕様になっております。
ペットの体に触れても害はありませんか?
有害物質含有量の試験も合格しておりますので、ペットへの影響はございません。
ただし、誤って口に入れたり、食べてしまうことのないようお気をつけください。
ホームセンターの人工芝との違いは何ですか?
ホームセンターで取り扱いのある人工芝は、たいてい1m×1mの角売りです。 弊社の人工芝は2m×10mのロールでの仕入れですので、張り合わせた時のつなぎ目が少なくなる分、美しく仕上げることができます。
又、プロの確かな目で選んだ商品ですので、素材の品質も、施工の技術も、最高のものをご提供できます。
色褪せの実証もFIFAの基準を満たした人工芝ですので耐久性が高く、品質・対応ともに自信を持ってお届けできる商品です。
静電気が心配です。
人工芝はどうしても冬になると静電気が発生しやすいです。対策としては水を撒いて2~3時間置いていただくか、人工芝の上で遊ぶ前にお子様の手に柔軟剤を吹きかけていただくのがよろしいかと思います。
メンテナンスは必要ですか?
毎日のお手入れは必要ありません。気になる汚れがある場合にその都度拭きとったり洗い流したりしていただければ充分にキレイが保てるものになっております。
年数が経ったら張替えが必要でしょうか?
お庭をコンクリートにしてしまうのと違って、人工芝のお庭良いところの一つは、ライフスタイルの変化に合わせてお庭の使い方を変えられるところです。
家庭菜園の為に土の部分を広く取りたくなったら、部分的に人工芝を撤去することも可能ですし、年数経過後に別のタイプの人工芝に全面的に張り替えるという判断をされてもよろしいかと思います。
常に新しい商品の開発を続けておりますので、5年後でも10年後でも、ご相談頂ければ最善な方法についてご提案をさせていただきます。
もちろん不要になった場合は剥がして一般の廃棄物として自治体の指示に沿った形で処分していただければ問題ありません。
「売ったら終わり・敷いたら終わり」ではございませんのでご安心ください。