日本人工芝計画

CLOSE

【対策すればOK】人工芝の上でバーベキューしよう!専門業者が教える3つの対策

 

せっかくの綺麗な人工芝。芝の上でバーベキューを楽しみたいですよね。

 

一方で「人工芝の上でバーベキューって危なくないの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

 

でも安心してください!しっかり対策すれば人工芝の上でバーベキューは可能です。

 

この記事では、人工芝専門業者の弊社が、人工芝の上で安全にバーベキューを楽しむための3つの対策をお伝えしていきます。

 

人工芝上でバーベキューをする際のおすすめグッズも紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね♪

 

 

正しく対策すれば人工芝の上でバーベキューは楽しめる!

 

冒頭でも述べた通り、正しく対策すれば人工芝の上でバーベキューは可能です!

 

本来、人工芝の上でバーベキューをするのはおすすめされていません。熱で人工芝が溶けたり、油で芝が汚れたりするリスクがあるためです。

 

ですが、これから紹介する3つの対処法を実践していただけたら、これらのリスクはしっかりと対策できます。

 

ぜひ参考にしていただき、人工芝でバーベキューを楽しんでくださいね。

 

 

これでOK!人工芝の上でバーベキューをする3つの対策

それでは、人工芝の上でバーベキューをする3つの対策方法をお伝えしていきます!

 

先に結論から言うと、今回お伝えする方法は以下の3つです。

  1. 人工芝の上に防火シートを敷く
  2. 地面が平らな場所を選ぶ
  3. 炭を使わないコンロを使用する

特に1と2は必須なので、ぜひ取り入れていただけたらと思います。

 

上から順番にお伝えしていきますね。

 

 

1. 人工芝の上に防火シートを敷く

 

バーベキューをするにあたって必ず実施していただきたいのが、人工芝の上に防火シートを敷くということです。

 

防火シートとは、以下のようにバーベキューコンロの下に敷くシートのこと▼

 

出典:Amazon

 

防火シートを敷くことで、

  • バーベキューコンロの熱で芝が溶けない
  • 肉やソーセージの油はねで芝が汚れない

などのメリットがあります。

 

当たり前ですがバーベキューコンロは非常に高温です。熱で人工芝が溶けてしまう可能性があるので、ぜひ防火シートを敷いていただけたらと思います!

 

食材からはねた油も受け止めてくれるので、人工芝が汚れにくくもなりますよ。

 

ちなみに、人工芝は熱に弱いとはいえ、大抵の場合110℃程度までの熱なら耐えられます。

 

人工芝の品質にもよりますが、焼き立ての食材を落とした程度なら溶けないので安心してください!(汚れは拭き取る必要がありますが…!)

 

 

2. 地面が平らな場所を選ぶ

 

 

人工芝の上でバーベキューをする際は、必ず地面が平らな場所の上にコンロを置いてください。

 

地面が平らな場所を選ばないと、バーベキューコンロを置く場所が不安定になり危険だからです。

 

(「当たり前では?」と思うかもしれませんが、絶対に見落としてはいけない重要なポイントなので書きました。)

 

特に、DIYで敷いた人工芝は下地が不安定なケースも多く、表面がデコボコになっているケースも珍しくありません。

 

「ここは絶対安定する」というポイントを見つけて、コンロを設置してみてください。

 

 

3. 炭を使わないコンロを使用する

 

出典:Amazon

 

よっぽどこだわりがなければ、人工芝の上でバーベキューをする際は、炭を使わないコンロの使用をおすすめします。

 

というのも、もし誤って炭を地面に落としてしまった場合、人工芝が溶けて穴が空いてしまうためです。穴が空いてしまうと、新しく芝を張り替えないと元には戻りません。

 

そうなると手間もお金もかかってしまうので、できればガスや電気式のコンロを検討してみてください。

 

それでも炭でバーベキューしたい!」という場合は、以下2つを徹底していただければと思います。

  • 防火シートを広範囲に敷く
  • 炭の扱いには最善の注意をはらう

防火シートの上でしたら、炭を落としても芝が溶けることはありません!

 

 

安全に楽しむ!人工芝の上でバーベキューをする際のおすすめグッズ4選

 

ここでは、人工芝の上でバーベキューをする際に便利なおすすめグッズを紹介していきます。

 

今回紹介するグッズは、以下の4つです!

  • 安価で大きい防火シート「Dootiバーベキューマット
  • 地面を安定させられる「ユニット畳
  • コンセントでBBQを楽しめる「ロゴスBBQエレグリル
  • 炭もコンセントも不要!ガスを使用したコンロ「コールマンロードトリップグリル

上から順番にお伝えしていきますね。

 

 

安価で大きい防火シート「Dootiバーベキューマット」

 

 

防火シートの中でも特におすすめなのが、この「Dootiバーベキューマット」。

  • 防火シートの中でも安価
  • サイズが大きいから広範囲をガード(75cm x 124cm)
  • くるくる巻いて保管できるから、保管も場所を取らない

などなど、優秀なポイントが盛りだくさんの防火シートです。

 

迷ったらとりあえずこの防火シートを選んでおけば間違いないと思います!

 

>>商品の詳細はこちら

 

 

地面を安定させられる「ユニット畳」

 

 

人工芝でのバーベキューに意外とおすすめなのがユニット畳。ある程度の防火性を備えながら、芝の汚れをガードできます。

 

また、ユニット畳は防火シートより分厚く固いので、防火シートの弱点である「地面の不安定さ」を補うことができます。

 

「芝の上に置くと若干ダサい」という若干のデメリットがありますが、機能面では優秀なグッズです。

 

>>商品の詳細はこちら

 

 

コンセントでBBQを楽しめる「ロゴスBBQエレグリル」

 

 

人工芝の上でバーベキューをする際におすすめのコンロ「ロゴスBBQエレグリル」。価格は33,330円です。

 

電気でプレートを温めるため、人工芝の上に炭を落とす心配もありません。

 

また、脚も高いので地面との距離も離れています。熱で地面が高温になることもありません。

 

さらに、ホイール付きでコンパクトに畳めるので、移動や収納も楽チンです。

 

まさに人工芝でのバーベキューにピッタリ。安全性の高いイチオシのコンロです!

 

>>商品の詳細はこちら

 

 

炭もコンセントも不要!ガスを使用したコンロ「コールマンロードトリップグリル」

 

 

コールマンロードトリップグリル」も人工芝でバーベキューをする際におすすめのコンロです。価格は31,186円。

 

コンセント式ではなく、ガスを採用しているため、

 

「庭にコンセントがない」
「コンセントはあるけど使いづらい」

 

といった方にピッタリのコンロです。

 

こちらもホイール付きで小さく畳めるので、持ち運びや保管もストレスなく行えます。

 

>>商品の詳細はこちら

 

 

まとめ:せっかくの人工芝!正しく対策してバーベキューを楽しもう

【人工芝の上でバーベキューをする3つの対策まとめ】

  1. 人工芝の上に防火シートを敷く
  2. 地面が平らな場所を選ぶ
  3. 炭を使わないコンロを使用する

周りの話を聞いていると「人工芝の上でバーベキューはNG」という声も多いようです。

 

ですが、せっかくの綺麗な人工芝。個人的には「しっかり対策してバーベキューを楽しんでほしい!」と思います。

 

ぜひ、今回紹介した対策を実践していただき、庭や屋上でバーベキューを楽しんでくださいね!